.
.
.
.
.

★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★2013年02月

★年金をベースに、パソコン・インターネットに関わる仕事をしています。 ★趣味と実益を兼ねてパソコン・インターネットの仕事に携わってるので、日々の生活をアップして行きます。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2013/02/18(月)

基本的なセキュリティ設定はコントロールパネルから行えるようになっています。。

Windows 8の新しいスタート画面では、これまでのように「スタートメニュー」から「コントロールパネル」を呼び出すことはできません。(デスクトップ画面に切り替えて、デスクトップアイコンの変更をすれば使えます)

新しい画面では、「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロールパネル」を呼び出す方法か また、「チャーム」を開き、「設定」からもコントロールパネルを呼び出せます。「チャーム」と呼ばれるメニューは、画面右端から左方向へ指をスライドするかマウス操作をすると表示されます。

「コントロールパネル」を開いたら、「システムとセキュリティ」を選択し、設定を確認していきます。


◆Windowsアップデートの設定(脆弱性対策)

「システムとセキュリティ」で、「Windows Update」を選らび、「更新プログラムが自動インストールされるように設定されています」が表示されていることを確認する。初期設定では、自動更新が有効になっているはずです。

不正プログラムはOSやソフトウェアの脆弱性を突いて侵入してくるため、脆弱性を修正するWindows Updateはこれまでと同様に重要です。更新プログラムの提供が開始されたら自動的にインストールされるように設定しておくことで、常に最新の状態を維持することが大切です。


◆Windows SmartScreenでアプリの安全性を確認

Windows SmartScreenは、アプリの安全性を確認できる機能です、これまで、Internet Explorerに搭載されていたフィルタ機能が、Windowsに統合されたものです。専用のアプリストアが用意されているWindows 8では、アプリをダウンロードして、楽しむ機会が増えると思います。危険性のある、またその疑いのあるアプリを回避するためには、機能を有効にして置いてください。

◆アクションセンターでセキュリティの状態の確認

「システムとセキュリティ」の「アクションセンター」へ進み、画面右側の「Windows SmartScreen設定の変更」をクリックします。「インターネットからの認識されないアプリを実行する前に、管理者の承認を受ける」または、「認識されないアプリを実行する前に警告するが、管理者の承認を必要としない」を選択しておく。

自分のコンピュータのセキュリティ状態は、「アクションセンター」で確認。「セキュリティ(S)」の矢印アイコンをクリックしますと、ネットワークファイアウォール、Windows Update、ウイルス対策、スパイウェアなどの状態を確認できます。すべての項目で有効・OKが表示されていれば、セキュリティが設定されている状態です。Windowsが保護されていない場合、警告と設定変更を促す画面が表示されます。

図解入門 よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み―基礎から学ぶセキュリティリテラシー (How‐nual Visual Guide Book)

スポンサーサイト
.
.
.
.
.

 | Copyright © ★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。